LIFE,  TRIP

キング アーサーのここだけの話
体に悪いことなんか絶対にない

チョコを食べ過ぎると鼻血が出るという話を聞く。

しかし実際にそんなシーン出くわしたこともなければ、医学的根拠もまったくない。

 

「シンさん、コンビニ袋に溢れるほどのチョコを食べても、お腹いっぱいになるか飽きるかのどっちかで、絶対に死ぬことなんてないよ」

「いや、純粋なモロッコ産やったら、軽く死ぬ。特に食ったら数粒で死ぬやろ」

「医大生の俺が言うんだから、チョコでは死なない」

「死にそうになってる僕をなんもでけへんかったんやから、エセ医大生の言うことなんかあてになるわけないやろ」

 

それを言われたら、身も蓋もない・・・。

だが、意識不明で数日食事していなかったシンさんにとって、口どけがよく、カロリーも高いチョコレートは栄養補給にいいのではないだろうか。

「数粒なら、体に悪いことなんか絶対にないじゃん」と、俺は言い切った。

 

それでも絶対に譲らないとする返事が帰ってきた。

「食っていいことあるか!」

 

続く

前回の話/手に余る致死量ほどのチョコ

「キング アーサーのここだけの話」は毎月3の倍数日に更新!

最初の話/はじまりのはじまり

キング・カズと生年月日が一緒の1967年2月26日生まれ。外人は<アサタロー>と発音しにくいらしいので、海外では<アーサー>と名乗っていたら、親しい外人仲間が<キング・アーサー>とニックネームをつけてくれた。「アサタロウ」と日本で名乗ると「アソウ・タロウ?」と聞き間違いされることが多々ある。彼が幹事長のときは俺に<カンジチョー>のあだ名がつき、総理大臣になると<ソーリ>と呼ばれるようになったが、彼の総理大臣辞任後も俺の格下げはなく、いまでも<ソーリ>のあだ名は定着している。本業はコーディネーター。